Dreamweaverで関連ファイルを別ウィンドウで開く設定

1,237views/2013-07-28

Dreamweaverは分割ビューで作業する時にCS4辺りから同一ウィンドウで関連ファイルを編集(ソースビュー部分が切り替わる表示)するようになっているのがデフォルトです。これをCS3以前のように関連した別ファイルを別ウィンドウで開く設定です。

【環境設定の関連ファイルを有効にする】のチェックを外します。

Dreamweaver関連ファイル

動的関連ファイルも無効になりますが、テストサーバーを使っている以外は不要な設定ですね。

DW関連ファイル別ウィンドウ

やはりソフトウェアは慣れが重要になってくるので、初期設定のままではやり難い場合は設定を念入りにやることも必要だと最近思いました。

関連ファイルは把握しておける程度しか使ってないので、全てを毎回一覧で横並びに出してもらう必要性は感じません。

  1. 単一ウィンドウで関連ファイルが一覧・編集できて便利
  2. 別ウィンドウ(タブ)でファイル単体を認識

この2つの天秤になり、誰かの作ったサイトを修正する場合は関連ファイルが一覧された方が便利ですが、自分が作ったファイルはファイルが分かれていることを認識する別ウィンドウで開く設定が楽です。同一ウィンドウで分割ビューで作業することが多いとデザインビューがphpファイルで、ソースウィンドウ部分が外部JavaScriptとか外部CSSが表示されるのは、ちょっと混乱を招くことにもなります。タブで別ウィンドウが開くのでウィンドウ自体が煩雑になることはありありませんし。

1,237views/2013-07-28

関連おすすめ記事

ページURL