ロリポップからエックスサーバーにレンタルサーバー移転した理由

357views/2013-07-30

最大の理由は、またWordPressが改ざんされたからです。404パーミッションでアップロードしてある期間は大丈夫でしたが、WordPress本体のアップデートやプラグインのアップデート、これをログイン画面からできないと相当大変でFTPでいちいちやるのは面倒だと思い一度通常の644パーミッションに戻してみました。

もう大丈夫だろうという淡い期待もあったので、本来のパーミッション状態に戻した訳です。しかし数日したら、また検索結果からリダイレクトされる症状になってしまいました。WordPressのphpファイルを見ると以前のように改ざんの文字列がずらり。

今度は、検索結果からundeps.vizvaz.comというところにリダイレクトされる状態になってました。

undeps-vizvaz-com

これはもうどうしようもないということで、WordPressをMySQLまるごとレンタルサーバーの引越しをした訳です。

ロリポップ!の改ざん対策にある404がやっぱり確実ですが、WordPressではちょこちょこアップデートが頻繁にあるので、面倒臭すぎて自分には無理でした。

エックスサーバーに引っ越して良かったことは、ロリポップ!のWordPressが少し遅いことが多かったですが、エックスサーバーにして体感速度もかなり速くなった印象の点です。MySQLが速くなったのか、サーバースペックの問題なのか分かりませんが、速いに越したことはないので移転して良かったです。

また、さくらスタンダードプランでも同様のWordPressのphp改ざんがあったので、さくらレンタルサーバーも選択肢にはなりませんでした。サーバーによって、同条件でも改ざんがされないサーバーというのは、やっぱりサーバーのエンジニアさんの腕がいいのだと思います。ロリポップ!はちょっと対応しきれてない感じです。

ロリポップ!と同じpaperboy&co.のhetemlでは、以前.htaccessの改ざんがありました。これも一度ではなく何度もあって移転はおろか解約しました。どうもpaperboy&co.のエンジニアさんは腕が低いのだと感じていて、またしてもロリポップ!でphp改ざんの大惨事があったので、もう考え物です。改善の兆候が見られればいいのですが、解決できそうにない技量のように感じるので優秀なサーバーに移り替えるのが一番安全です。

また、改ざんの修復に膨大な時間を要してしまいますし、サイトのインデックス削除がされる場合などドメインの評価の問題にもつながると思うのでサーバー選びは慎重にしたいと思いました。

357views/2013-07-30

関連おすすめ記事

ページURL