iPhoneでEvernoteの特定ノートを一発で開く方法

1,181views/2015-04-10

evernote-god

即座に見たいEvernote単一ノートがあるiPhoneユーザーに役立つ方法です。

Evernoteショートカット登録して、そこから選べばいいじゃないか!を超えて、常に瞬時に一発で開きたい神ノートがある人に向けて。iPhoneホーム画面にアイコンとして置いておきたいかどうかだけです。方法はSafariのショートカットアイコンの代用です。

AndroidスマホのEvernoteであれば、右上のメニューをタップして「ホーム画面に追加」で簡単にできてしまいます。ノート以外にもノートブックやタグの一覧ページであろうと検索結果でもどこでも可能です。iPhoneでもそのうちできるようになるかもですが現状は無いようなので。

条件は、

  • 特定URLにファイルをアップできる環境がある

レンタルサーバーを使っていたりしてHTMLファイルをアップできるドメインを持っている必要があります。無料サーバーでも大丈夫ですね。

手順はこんな感じです。

  1. HTMLファイルを作る
  2. アイコン画像を作る(※任意)
  3. ホーム画面にアイコン追加

HTMLファイルを作る

仕組みは単純でmeta refreshでevernote:///に短縮URL的にジャンプさせるだけです。他の飛ばし方もありますが、ホームに独自アイコンを置けるようになるのでHTMLで。念の為に検索エンジンに登録されないようにnoindexを書くのと、任意のアイコン画像用apple-touch-iconのソースだけです。

<!doctype html>
<html>
<head>
<meta charset="UTF-8">
<meta name="robots" content="noindex">
<meta http-equiv="refresh" content="0;URL=evernote:///◯◯◯">
<link rel="apple-touch-icon" href="画像パス">
</head>
<body></body>
</html>

bodyタグ内に何か書いてもいいですが、Safariで一瞬見えるだけです。アップするファイル名.htmlはデタラメなURLになるようにした方がいいでしょう。

クラシックリンク(evernote:///)

MacのEvernoteでノートリストを右クリックすると「ノートリンクをコピー」と出てきますが、これはWEB閲覧のURLになるのでログイン面倒。アプリ起動がしたい場合はevernote:///◯◯である必要があります。optionキーを押すと「クラシックノートリンクをコピー」と出て来るのでこちらをコピーして使います。

optionキーを押しながら右クリック、または右クリック中にoptionキー

Evernote-Classicnotelink

アイコン画像を作る(※任意)

これは無くても平気ですが、気合を入れてiPhone用の特製アイコンまで作っておけば完璧です。「画像パス」のところに書きます。アイコンの作り方は、iPhoneアイコンとかiPadアイコンの記事を参考にしてください。

ホーム画面にアイコン追加

HTMLファイルのURLをEvernoteにでもメモして同期し、iPhoneで開きます。Safari→Evernoteと起動するので、Safariに切り替えて戻り最下部の共有ボタンから「ホーム画面に追加」します。名前を全角なら6字以内で決めて追加して完了です。

1,181views/2015-04-10

関連おすすめ記事

ページURL