Parallels Desktop MacでHD容量を解放(7.9GB)して減らす方法

2,505views/2015-10-04

以前のVMware Fusionクリーンアップに引き続き、Parallels Desktopにもこの機能が備わっています。ディスク領域の再利用7.9GBほどHDの無駄領域を削除できたのでやり方です。

Parallels Desktopメニューから「ディスク領域を解放…」を選択して、ウィザードの「再利用」をクリック。

ParallelsDesktophdd-01

ParallelsDesktophdd-02

 

または、Windowsウィンドウ右上の環境設定から、一般タブの「再利用」からでもできます。

ParallelsDesktophdd-03

 

Windows8.1で使ってますが、一旦シャットダウンされます。5分くらいで再利用が完了して再起動されました。

ParallelsDesktophdd-04

 

再起動後、再度「再利用」をクリックするとクリーンアップできる領域はもうありませんとなります。

ParallelsDesktophdd-05

この仮想マシンで使用される領域を解放するために圧縮または削除できるデータを検出できませんでした。となりメーターも再利用可能の黄色がなくなっているのがわかります。

Windowsディスクのエイリアスを出ないようにする

Parallels Desktopを起動するとCドライブにそのままMacからアクセスできる共有フォルダのエイリアスがデスクトップに出現します。使うことがない場合は、いちいち出て来るのが邪魔なので、マウントしないようにできます。

ParallelsDesktophdd-07

環境設定のタブを「オプション」に切り替えて、左側の「共有」から「Macデスクトップ上の仮想ディスクへのショートカット」のチェックを外すと出てこなくなります。

ParallelsDesktophdd-06

2,505views/2015-10-04

関連おすすめ記事

ページURL