au SERIE mini SHL24の色飛び具合が気になりました

2,428views/2014-03-18

SERIE-mini-SHL24

AQUOS PHONE SERIE mini SHL24(アクオスフォン セリエ ミニ エスエイチエルニーヨン)が以前書いたauスマホ2014春モデルで唯一実機がなかったのですが、今は店頭にあったので実際に触ってきたのでレビューというか感想です。

1. ディスプレイの色が飛び過ぎ

もう一番気になったのはこの強コントラストです。せっかく解像度は最高に高い487ppiなのに色が何だか飛び過ぎです。補正がかかっているにしてもAndroidもiPhoneも両方持ってますがAndroidはWindowsのようなコントラスト比ですね、ホームインターフェイスを含めても潰れてる色が多いです。

液晶のIPSとMVA方式の違いに近い印象で、MVAの方はテレビっぽく動画のブレにも強いけどコントラストがちょっと強くなりがちの欠点がある感じに似てましたね、色具合が。IPSっぽい高解像度印刷物のようなディスプレイかと期待して見たので逆に色飛びが気になりました。

2. ヌルヌル度がいまいち

GALAXY JやiPhoneと比べるとちょっと突っかかりが微妙にあります。カクカクとまではいかないけど、何となく突っかかる感じです。もちろん店頭の機種はアプリをたくさん起動しているのが原因でもあったりしますが、もう少しスムーズにスワイプやタップなどの操作に追い付いてくる方が気持ち良いです。ホントわずかな差ですけど。

3. 手に収まる小ささがメリット

スマホがどんどん大きくなってきている市場の流れがある中で、やはり女性にも持ちやすい大きさは必要です。このSERIE mini SHL24は最新2014春モデルの中では一番小さいです。EDGEST(エッジスト)といってフレーム枠(ベゼル)が極限まで細いことを謳ってますが、iPhoneと別に変わりません。

auであれば電波もいいですし、docomoと違って昔からiPhome売っててトラブルも起こらないので、Androidを使う必要を迫られる状況出ない限り小さいスマートフォンとしてはiPhone5Cか5Sの方がおすすめかなーと思います。このSHL24が小ささメインの機種なのでiPhoneと比べちゃうと劣るなと感じるだけです。

WEBデザイン的なブラウザサイズ

さてさて、WEBスキルアップ君はかなりスマホのブラウザサイズにはアンテナを張っています。今回のSHL24は幅360pxでした。もう大体見たらわかります。

昔のAndroidスマホは320pxもありましたが、URBANO L02も360pxで、もう320pxはAndroidからは出てこない雰囲気もあります。iPhoneは320pxですが、iPhone6はこの時流を考えるとちょっと大きくなるかも知れないですね。そうなって360pxがベースになる日も近いかもしれません。

2,428views/2014-03-18

関連おすすめ記事