アレに変わる紀伊國屋書店新宿南店→ニトリ

499views/2016-08-20

紀伊國屋書店、新宿南口タイムズスクエア南館(東急ハンズの奥)にある南店に行ったら何とビックリ!ほぼ閉店してた!

th_IMG_8461

入り口で渡してもらった紙によると2016年8月7日にて1階〜5階は営業を終了しました、20年間のご愛顧誠にありがとうございましたと書かれてあります。日本の書籍は、東口・新宿通りの新宿本店にてお買い求めいただけますと。

現時点2016年8月19日ではまだ工事中で、6階の洋書フロア(Books Kinokuniya Tokyo)を残して撤退している感じでした。

Books Kinokuniya Tokyo
取扱商品:洋書(英文書および仏・独・西・伊・中文書)日本語学習書
営業時間:日〜木/10:00〜20:00 金・土/10:00〜20:30

ニトリに変わる

入り口付近にも関係者みたいな人がぞろぞろ結構いたので話を聞いたら、次のテナントももう決定していてニトリですと。1階〜5階までニトリになるかよくわかりませんが、取りあえずニトリになるそうです。東口の紀伊国屋本店に行ってくださいと案内されました。

南店は、ざっくばらんに平置きされているところが多くて、目的買いがなくても楽しめる場所でした。エスカレーターが便利だったり、フロアが広々としてたりで好きだったのですが残念。

Amazonで本買いまくってるからね、大型書店は確かにね。これ以上大型書店が減るのはちょっと寂しい気もします。

th_IMG_8465th_IMG_8466
th_IMG_8471th_IMG_8473

6FのBooks Kinokuniya Tokyoへ

エレベーターを出るとすぐにフロアです。1階〜5階が工事中。

th_IMG_8467 th_IMG_8468

th_IMG_8469th_IMG_8470

日本もこれからどんどん人種が入り乱れるだろうから、そこで日本人って何?というのは「日本語」がベースになる。見た目とかじゃなくて日本語しゃべるから日本人みたいな。

そもそも国も曖昧になっていくだろうことを考えるとこの「言語」って存在に改めて考えさせられる。土地とかも曖昧になれば言語のみ状態。外国人のための日本語学習の本がいっぱいあるようなので応援してます。

紀伊國屋書店の新宿本店

こちらが本店です。ややこしいですが、書店の本店(本拠地、総本山)です。新宿東口方面にありISETANに行くより手前にある。

th_IMG_8478

499views/2016-08-20

関連おすすめ記事